Area

Type of Property

Price Range (null)

Size

Total Bedrooms

Expected Gross Yield

Search

[PR] GUIDE FOR PURCHASING JAPAN PROPERTY

2018-03-01

ベトナム地価、ニャチャンのリゾートエリアで前年比2倍 不動産ブーム到来か

  • News

ベトナムでは現在多くの不動産開発とインフラ整備が行われており、ベトナムの不動産市場、特に住宅部門は今年も堅実な成長を見せている。

ベトナム不動産仲介業者の報告では、ニャチャンやヴァンドン、フーコック島、ダナンなどの地価は急速に上昇しているという。

中でもニャチャンの地価上昇は抜きん出ており、前年度の約2倍となっている。

中心地区の平均地価は、1平方メートル当たり約3億ベトナムドン(13,500米ドル)となっており、ベトナム国内で今もっとも注目を集める観光地である。

ダナン当局は昨年、アジア太平洋経済協力会議(APEC)に向け、インフラやホテル、リゾート開発等に多額の投資を行った。これはリエンチュウ地区で不動産価格と需要が急速に上昇したことの表れであり、この地区では港、トンネル、高速道路といったインフラ整備が進められている。

昨年は8,000件近くの不動産取引があり、都市部の平均価格は平均1平方メートル当たり約1,700万ベトナムドン(800米ドル)で推移していた。同じような状況はメコンデルタ地帯でも見られる。メコンデルタの他の地域の地価は、大規模開発が進み、安定した上昇を見せている。

カントーの地価は、昨年30%上昇し、フンプー地区の地価は、1平方メートル当たり300万ベトナムドン(140米ドル)から700万-1,000万ベトナムドンにまで急上昇した。

経済特区となると予想されるフーコック島やヴァンドンは人気が高まっており、都市部のインフラに多額の投資が行われている。またフーコック島は人気の観光地となり、多くの投資を受けている。

【参照】Vietnam’s property market expected to grow

海外不動産の最新動向が届くメールマガジンの登録はこちら。

メルマガ会員登録を行う

セカイプロパティ編集部
海外不動産投資に関する最新情報を発信中。



【関連記事】ベトナムの不動産投資物件一覧
【関連記事】ダナンの不動産投資物件一覧
【関連記事】ハノイの不動産投資物件一覧
【関連記事】ホーチミンの不動産投資物件一覧